月刊きゅん|暮らしにきゅん生活情報誌

月刊きゅん最新号20209月号

月刊きゅん最新号

食こらむ 安達祐子の日々是好日~美味しいつぶやき

クール対策はハッカ商品('20.8月号)

食こらむ安達祐子の日々是好日~美味しいつぶやき

ハッカ油スプレーが品薄だという。一家に一本、キャンプ等のアウトドア、虫除けにも最適。北見を代表する、知名度抜群の北見ハッカ通商の商品である。知人のお茶屋さんが、暑いときにマスクにシュッと一吹き快適だった、これはスゴイと絶賛していた。この絶賛は全国的なもので、夏場のマスクの救世主として脚光を浴びている。蒸れて汗をかく、ハッカ油を一滴、夏のマスク問題スーッと解決。刺激が強いので外側にお使いをとのことです(^^)/ハッカ油、入浴剤はかなりクールな湯上がりが楽しめお気に入りです。ハッカの清涼感が今の時代に求められて北見が注目されているのは嬉しい。
 マスク問題といえば、北見工大の学生さんのマスク不足解消のために作られた、【マスクdeオドラント】が5月に発売になった。ハッカとラベンダーが香るスプレーとカラマツエキス配合で気になる臭いをしっかり抑える。北見工大産学医共働センターが、マスク不足の最中、消毒と消臭でマスクを長持ちさせたい、学生のマスク不足の少しでもお役に立てればと開発されたもの。香りもローズマリーなどの他のハーブも展開している。今時期発売のものは和薄荷を使い一段と香りの存在感もある。

クール対策はハッカ商品('20.8月号)

このマスクを爽やかに保つというものに、ハッカが実用化されている。ネット販売やパラボでの販売もありますのでお試しを。ハッカは、かつて世界の70%を北見地方で生産していた時代があり薄荷とかく薄い荷物は経済の中心であった。
 商品作りに今もハッカは欠かせない。ハッカ菓子は、昭和25年から続く山樹氷のハッカ樹氷も名産品である。こちらは、大正金時を使った甘納豆にハッカの糖衣をまとわせたもので、ハッカの香りが食べるとスッキリ。令和の今食べると、あれ珈琲やお茶にもあうな〜と、なつか美味しい味である。7月17日(金)に新商品が誕生した。パンとハッカ樹氷を一緒に食べたら美味しかったので商品化して欲しいという投稿を具現化したものだという。
 甘いパン生地に負けないように、はっきり目のハッカの香りの甘納豆たっぷりのパン【薄香(ハッカ)】。山樹氷の本社で毎週金曜日に限定販売。予約もできます。北見の新しいお土産に、おやつに、この夏のクールダウンの話題とともに、注目されたら嬉しいですね。
 北見のハッカ商品はまず、地域で皆が親しみ使うものであって欲しい。お口の中も少し涼しく、気分転換にももってこいです。




安達祐子

安達 祐子(あだち ゆうこ) プロフィール

タスクおふいす祐 代表。
北見出身、札幌在住フリーアナウンサー。STVラジオパーソナリティ。北海道フードマイスター。
北見観光大使、津別観光コンシェルジュ、 オホーツク観光大使として道東の情報発信 に奔走。UHBグルメリポーターとして取材した店は4,000軒以上。食と観光の講演も行う。好物はホルモン。

Ⓒ 月刊きゅん-(株)北方広放社 All Right Reserved.